トップページ | 軽自動車は本当に維持コストが安いのでしょうか? »

2016年4月 7日 (木)

最近スポーツカーの人気がないのはなぜでしょうか?

スポーツカーは20年ほど前にとてもはやっていた車ですが、燃費の悪いのが難点でした。

しかし、当時はガソリン代も安く、ハイオクでも100円を切ることもありました。

パワーがあるのが魅力で、どのメーカーからも、多くの種類の人気車種がでていました。

そのため、自分にあった好みのエンジンスやタイルを選ぶことができました。

今ほどガソリン代を気にする必要がないため、
若者でも車を維持することが比較的容易でした。

また、
当時は各自動車メーカーがモータースポーツに参戦し、日本の車の性能の高さを世界にアピールしていましたので、メディアからの影響も多くありました。

最近では、そもそもマニュアル車を運転出来る人自体が減り、車自体もマニュアル車はほとんど見かけません。

Co01supotuka また、ガソリンの値段は、最近では落ち着きを見せてはいますがハイオクが200円に届く勢いの頃もあり、所得の低い若者が車を維持することそのものが難しくなっています。


また、最近の若者のクルマ離れも著しく、スポーツカーよりは経費が安く背の高い軽自動車などに人気が集まっています。

スポーツカーは、乗車人数が少ないため、家族が多い人には難しい選択です。

また、もしスポーツカーを手に入れるとなると、少し前の車種から選ぶことになりますが、いまの日本では
古い車ほど税金がどんどん高くなる仕組みになっており、場合によっては2000ccの車でも5万近い税金を強いられることになります。

スポーツカーはハイオク仕様車も多いので、とにかく維持費が高くなります。

世の中の流れが、
エコ、低燃費、ハイブリッドの方向に向かっているので、その全く反対方向を行くスポーツカーはあまり人気のない車種となってしまったようですね。

トップページ | 軽自動車は本当に維持コストが安いのでしょうか? »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トップページ | 軽自動車は本当に維持コストが安いのでしょうか? »